""
こだわり岡田のインテリア工房 アフター5 夜の電話10時までOK 出張見積もり無料 電話番号045−562−4420
""

東リのパネルカーペット張替工事事例 横浜市青葉区

パネルカーペット施工事例:東リのパネルカーペットアタック貼り貼り替えしました。






BR>












玄関から廊下、リビングへと敷き込まれていたカーペット、長年敷き込まれたカーペットは、汚れがひどくなる場所は決まってきますね。
キッチンとの境、掃きだしの出入り口、通り道はどうしても汚れがち。

敷き込みカーペットからの変更はフローリングが多いのですが、音の問題とか、歩きごこち、カーペットがお気に入りの方は、メンテのことも考えるとこのようなパネルカーペットも選択肢の一つになってきました。

この東リのパネルカーペット100はLL-40のレベルなので、マンションの防音に対する規約もたいていクリアできます。

フローリングなどの上に置く置き敷きタイプですが、直に貼ることもできますが、このような場合は動かないように接着。
BR> 使っているうちに汚れがひどくなってくる場所はパネルの交換でOKです。1枚ずつ市松になるように貼るのが標準ですが、お客様の好みによって違う張り方もできます。
置く方向が違うと光で色が若干違って見えるので、1色でも市松の地模様が入っているように見えるのです。
それは1色のカーペットが柔らかな同色の濃淡の地模様のようで・・・。そして、この方法だと仕上がりがきれいに見える。
市松の模様が浮き出てくるので間違えるとすぐわかリますが、
カーペットの種類によって分かりにくいこともあるので、そういう時は慎重に。

床工事のご相談もお気軽に。

パネルカーペットのページはこちら

アップ