トイレの住宅改修

トイレの住宅改修

介護保険の住宅改修-トイレ

トイレも改修が多い場所でしょうか。

これから大がかりにリフォームできるなら、トイレは寝室のそばに。
夜間のトイレの回数が多くなるのでできるだけ部屋のそばにほしいですね。

将来的に介助されたり、車椅子の生活になる可能性の場合、キチンとスペースが取れるようにリフォームすることも選択肢の一つ。

今は一人でできるけど、介助が必要になった時のことも考えたり、家族が多い場合は利用者だけの専用にした方がいいとか。

洗面所とトイレをいっしょにした方がスペースが取れやすいのではないかと、いろいろ思いますね。

とはいっても、現状では難しいものがあります。
多いのが和式便器から洋室便器の交換、手すりの取付、出入り口の段差解消など。

トイレでは立ったり座ったりの動作があり、縦手摺り・横手摺りの2種類が必要で、いっしょになったL型。
車椅子対応の可動式もありますが、これから先、体の機能が低下してくるのでそれも考えて位置を決めるといいでしょう。

また、車いす利用を考えている場合は、間口も広くないと。
では、比較的多い改修を紹介します。

介護保険には、住宅改修の他に工事を伴わないものに福祉用具があります。
トイレが使いやすいもの、介護しやすいものなどの福祉用具もあり、これは介護保険の福祉用具購入になります。
では、大まかですが福祉用具もご紹介しますね。

便器の取り換え

和式の便器を右のような洋式に取り換え工事
コンパクトタイプなので、トイレの部屋を変えなくてもOK。

以前から使っていた和風両用便器を利用して、しゃがまないでもOKなスワレット。
スワレットを設置、その上に便座を乗せて使用します。

トイレの手すり















他にも車いす対応便座など、いろいろなタイプがありますので、使いやすいものをお選びくださいね。

手すりの取付

トイレにはぜひ手すりの設置を。
立ち座りの動作、座ったまま維持する時も手すりが必要ですね。

多いのは、立ち座り様に縦手すり、座った姿勢を維持する横手すりのL型手すり。
手すりには固定式とはねあげ式があり、使い勝手のいいタイプをお選びくださいね。

トイレ

すべて固定した手すりです。
写真のように、棚と一体型もありトイレのスペースや体の状況でお選びください。


引き戸への扉の取り換え

トイレのドアも開閉しやすい戸に交換。
引き戸・折れ戸、またはアコーデオンドアもいかがでしょうか?

ドアについてはアウトセット引き戸をご覧ください。

福祉用具について

福祉用具には貸与(レンタル)と購入があります。
トイレ用品は、貸与(レンタル)になじまないので、すべて購入になります。

  • 腰掛便座
  • 特殊尿器

腰掛便座

補高便座-福祉用具

腰掛便座は腰や膝に負担がかからないように、洋式便器の上に置いて使う高めの便座です。
高額なウォッシュレット付から柔らか便座まで多種。

こちらも高額になりますが、電動式やスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能付きの便座も便利ですね。

また、ベッド周りに置けるポータブルトイレもあります。

お問い合わせ

アップ