施工事例  階段

手すり取付

階段の手すりの取り付けの施工例です。

手すりは階段のこう配に合わせて取り付けます。
下地がない場合は、補強板を設置しての取り付けです。

階段の手すり

階段には特に下記のようなブラケットやジョイントが必要です。

階段の手すり

手すりに使う部材はさまざまなメーカーから出ていますが、メーカーによってデザインは異なります。


以下は実際の施工写真です。

階段手すりの取付

下地の強度が不安な場合、ほとんどこのように、手すり受け部材という補強板を取り付け、その上に手すりを取付します。補強板は下地のある位置にビスで留めます。

下地によってセットの中に入っているビスでは無理な場合も多いんですよ。そんな時は岡田がチョイスしたビスを使います。やはり見映えもよくないと ネ!

床の勾配に合わせて補強板も角度を変えカットします。




お問い合わせ

アップ