玄関の住宅改修

玄関の住宅改修

介護保険の住宅改修-玄関手すり

上がり框で靴を脱いで生活する習慣がある日本では、まず玄関から段差があります。
そう広くない上にかなりの段差。

安心して玄関が使えるように以下のような改修が必要になります。

玄関は靴を履いたり脱いだりするところ。
ちょっと腰かける折りたたみ椅子があると便利ですね。

段差解消

介護保険の住宅改修-式台

上がり框の段差の解消。

できるだけ小さな段差が良いので式台などを置いて分割して段差を小さくする。この場合式台は幅500mm奥行き400mm以上になるような大き目な台が安心。

土間から床までの高さを分割に階段のようにすると、小さな歩幅でも上がりやすくなりますね。
式台は固定金具でしっかりと取付。

他には、床のかさ上げ。
土間の部分をモルタルでかさ上げして、上がり框の段差を小さくする工事。

または、土間部分と玄関扉下枠、玄関ポーチをかさ上げして床面の高さをそろえる工事。
車いすにはこのような工事も必要でしょうか。

手すり

手すり

玄関は段差も小さくしつつ、手すりも必要。

横手すりは持ちながら歩き、靴を脱いで框を上がる時はふらつかない様縦手すりが必要。使い勝手のいいように横手すりと縦手すりの組み合わせもいいですね。









後付け部材付きの手すり

取付場所にしっかりした下地がない場合は、下地の補強の設置をして、その補強板に手すりを取り付けます。

手すりの取付で多いのがこのタイプですね。




玄関用周辺部材

住宅改修ではないのですが、あると便利な椅子の紹介です。

■ たためるベンチ

このような椅子が玄関になると便利ですね。
折り畳みなので使わないときはたためます。

後付け部材付きの手すり

お問い合わせ

アップ