リビング階段にドア(折れ戸)・扉の設置事例

""
こだわり岡田のインテリア工房 アフター5 夜の電話10時までOK 出張見積もり無料 電話番号045−562−4420
""

階段口に扉(折れ戸) 東京都大田区

リビング階段にドア(折れ戸)を設置

「リビング階段の、1階への降り口に仕切りを付けたい。」というお問合わせの東京都大田区Nさま。。

階下の音やニオイが気になるが、カーテンやロールスクリーンでは防げないと思うので、ドアや扉のような何か仕切りになるものがご希望とのこと。1階からの冷気もなかなかのものですが、ニオイや音もいかんともしがたいですね。

そこでオススメしたのが、通常の扉ではなくこのアズウッド・ペアパネルタイプ・Vシリーズのドア(折れ戸)。

このペアパネルタイプは、タチカワブラインドのパネルタイプの間仕切りのひとつで、特にVシリーズはリーズナブルな上に見映えがいい!ドアといっても、扉のようなものではなく折れ戸になっているので便利。

では、リビング階段にアズウッド・ペアパネルタイプVシリーズ取付の一部ですがご覧ください。


リビング階段の寒さ対策・防音対策にタチカワブラインドの折れ戸、アズウッド・ぺタイプVシリーズ リビング階段の間仕切りにアズウッド・ぺタイプVシリーズ-タチカワブラインド
折れ戸(アズウッド・ペアパネル)を開けた時 折れ戸(アズウッド・ペアパネル)を閉めた時

いかがでしょうか。

半透明の採光窓ですので、閉めても圧迫感もないですね。
また、人の気配も分かり安心。


1枚のドアであっても、折れ戸はこのように折りたたむことができ、使い勝手がいい。
取り付けたお客様からの評判はとてもいいですね。


NAKAさまからのご感想、「これから来る冬のエアコンの効きが良くなるかもと楽しみです。」


アズウッド・ぺタイプVシリーズ取付-タチカワブラインドの間仕切り
リビング階段の仕切りに、タチカワブラインドのアズウッド・ぺタイプVシリーズ
アズウッド-タチカワブラインド・間仕切り
アズウッド・ぺタイプVシリーズ-間仕切り
タチカワブラインド・間仕切り
タチカワブラインド・間仕切り取付



取り付ける位置を確認。
















壁面カマチを取り付けますが、ほとんど既存の巾木との厚み分が違います。

このように、巾木をカットして壁面フレームと壁面の隙間をなくします。












パネルの下部は下レールにセット。

レールは後付けタイプの露出用ですが、写真のように躓きにくい山型カーブになっています。

下レール-タチカワブラインド・アズウッド・ぺタイプVシリーズ










ドア(折れ戸)を開けて寄せた状態。

そう、開口部が広い!



部屋側の蝶番と取手。











階段側から見た状態。




階段側からみた蝶番と取手。

採光窓からお部屋の中は見えないまでも、ドア近くの気配は分かりますので、安心してドアの開閉ができますね。


パネルタイプのページもご覧ください。

詳しくはタチカワブラインドのHPをご覧ください。






アップ